質問書および答弁書の主旨要約「知的財産戦略本部構成員及び内閣官房知的財産戦略推進事務局員の人事と構成に関する質問主意書(159-89号)」

このサイトは、第159回国会に提出された「著作権法の一部を改正する法律案」に関連する情報をまとめる目的で開設されました。オリジナルは2004年6月16日に閉鎖され、情報保存の目的で公開されているこのサイトも更新停止されています。

トップページ > 問題をわかりやすく解説します > 質問書および答弁書の主旨要約「知的財産戦略本部構成員及び内閣官房知的財産戦略推進事務局員の人事と構成に関する質問主意書(159-89号)」

知的財産戦略本部構成員及び内閣官房知的財産戦略推進事務局員の人事と構成に関する質問主意書(159-89号)」の趣旨が要約されました。

質問の主旨

  1. 内閣の知的財産戦略本部内閣官房知的財産戦略推進事務局員に消費者の代表が入っていないのは、推進計画にある「消費者利益等の観点を含めて総合的に検討」という部分と一致せず、おかしいのではないか?今後、消費者の代表者を入れる予定はあるのか?
  2. 内閣官房知的財産戦略推進事務局員とはそもそも何をやっていた人達なのか、過去の経歴を明らかにしてほしい。

答弁の主旨

  1. 知的財産戦略本部は定員10人のうち公正取引委員会がひとり入っているから大丈夫でしょう。消費者代表を入れる予定はありません。
  2. 内閣官房知的財産戦略推進事務局員の構成メンバーは、
    である。
    (つまり総務省、法務省、財務省、文部科学省、独立行政法人、大学を実務代表として公正取引委員会を消費者代表として、それ以外を業者代表とすると、実務:消費者:業者=10:1:15)

(出展:第148発言「【音楽】輸入CD規制に広がる不安 著作権法改正案 」

公開:2004-05-26 更新:2004-05-26