山形浩生「ヘンじゃないか輸入権」『朝日新聞』2004年4月10日土曜版 Be on Saturday【,b2面,読み・解く世相】。

このサイトは、第159回国会に提出された「著作権法の一部を改正する法律案」に関連する情報をまとめる目的で開設されました。オリジナルは2004年6月16日に閉鎖され、情報保存の目的で公開されているこのサイトも更新停止されています。

トップページ > 参考資料 > 山形浩生「ヘンじゃないか輸入権」

記事全文

抄録

ところが、国会答弁の中で明らかになってきたのが、これがなんと洋楽にも適用されるということ。要するに、日本盤が出ている洋楽CDの輸入盤が違法になる。

輸入盤が禁止・制限されれば、その分の売り上げが全部日本メーカーの懐に入ると思っているのかな。でもそうはならない。1500円の輸入盤を買っていた人がみんな、2800円の邦盤を買うか? まさか。多くの人は買うのをあきらめる。

他の国は日本の再販制というヘンな価格統制がない。ある程度の競争があったうえでの保護措置だし、それすらたとえばヨーロッパ域内では欧州連合(EU)のお陰で実質的にはないも同然だ。それを今更?

この法案、ヘタすると通っちゃうぞ。そしてその暁には日本の大衆文化のある時代が幕を閉じるだろう。

山形浩生「ヘンじゃないか輸入権」『朝日新聞』2004年4月10日土曜版 Be on Saturday【,b2面,読み・解く世相】。

公開:2004-04-10 更新:2004-04-10