大阪アメ村OFFレポート

このサイトは、第159回国会に提出された「著作権法の一部を改正する法律案」に関連する情報をまとめる目的で開設されました。オリジナルは2004年6月16日に閉鎖され、情報保存の目的で公開されているこのサイトも更新停止されています。

トップページ > みんなが具体的にできる活動 > 大阪アメ村OFFレポート

アメ村の大型レコード店前で海外盤CD輸入禁止問題のチラシを配りました。突発offの割には、参加者の数はのべ6名(途中から参加&抜けた人を含む)とまあまあの人数でした。

ビラを配る

レコード店に出入りする人に声をかけて自作チラシを配るのですが、ビラを配るときに、お客さんに不快感を与えない程度にうまくビラを渡すのは難しく、また、チラシを配布するのと同時に「輸入盤禁止法案反対にご協力下さ〜い」とアメ村の路上で結構大きめの声を出すのは結構勇気が要ります。

最初のうちは声が出なかったりして赤面したりしましたが、到着から20分ぐらい経ってようやく慣れてきて上手い具合に声が出てきました。

ビラを貰ってくれる人の特徴や見た目はバラバラですが、比較的年輩の方が感心を持ってくれることが多かったようです。ビラを貰ってくれた人のうち数人は、法案について詳しい話を聞いてくれてました。

気をつけたほうがいいと思ったこと

日差しが強い日のアメ村は暑いです。チラシを配っていると体力をかなり消耗します。水分補給をしないと倒れるかも。これから路上でチラシを配る人はご注意下さい。

開始20分ぐらいと、開始1時間程度したときに、レコード店の副店長と店長から、チラシの配布方法に対して店からの「お願い」が入りました。

警察の許可が下りていないゲリラ配布ということの指摘と、後日チラシに関しての問い合わせが店のほうに来たときの対応に困るために、レコード店と関連がある人間と勘違いされないように店の入り口から少し離れた場所で2人程度で(集団で固まらずに)チラシを配布して欲しいとのことでした。

が、お店側としても輸入盤禁止法案問題に対して関心がないこともないので、この行動についての気持ちは理解出来るとの言葉もあったそうです。

配布終了

3時頃まで1時間程度、全員で100枚程度のチラシを配ったところでひとまず休憩。参加者のうち4人が、お茶しながら音楽絡みで30分程度雑談しました。

このoffの参加者のが普段聴く音楽のジャンルが、見事にばらけていたのが面白かったです。異なったジャンルの音楽を聴く人がこの問題に対して同様に感心を持っていることを実感しました。

日射しの強さに体力消耗したので4時からのチラシ配布は中止して現地解散しました。

公開:2004-04-21 更新:2004-04-21