ビラ配りと署名について

このサイトは、第159回国会に提出された「著作権法の一部を改正する法律案」に関連する情報をまとめる目的で開設されました。オリジナルは2004年6月16日に閉鎖され、情報保存の目的で公開されているこのサイトも更新停止されています。

トップページ > みんなが具体的にできる活動 > ビラ配りと署名について

Q. あの、署名運動を街頭ではやっちゃいけないんですか? びらを配るのと同時に署名運動もやれば効果的だと……

場所とやり方によるでしょう。

渡す相手に「お願いします」、もらってくれたら「ありがとうございます」は必須として、主旨説明(?)とかを大声で言いながらやるなんてのは、相当勇気いりますよ(許可うんぬんはべつにしてね)。セリフによっても反応はまったく違ってくるだろうし。

警官なんかは案外、ひとによりけり反応様々ってとこがあるように思う。

効率を考えると

実際街頭でびらを配ってみて思ったんですが、効率ということであれば、たとえばライブやイベントの終了時にチラシを配付するというのが一番いいのかもしれないですね。相手は間違いなく音楽に最も近い人たちだし、チラシを配るという行為がなんの不思議もない場所なので受け取ってもらえる率が高い(読んでもらえるかは別ですが)。逆にいえば駅頭でとにかく配ったとして、一般の人たちにこれがどれほどの関心もたれるのかな、という疑問があります。

私自身はそう思って、いかにも音楽に近そうなひとにターゲットを絞ったわけです。

もらってくれる確率は高かったですね、あと話も比較的聞いてくれました、「ココ(ポータルサイト)見て良かったら署名に参加してください」みたいなことも言ったりしたのですが……

街頭での署名活動について

街頭で署名を集めるというのも、なかなか難しいのではないかと思います、水を差す訳じゃなくて、正直な気持ちとしていうんですが、自分だったら絶対書きたくない(苦笑)。

どこの誰だかわからない団体に署名を求められて、その場でハイ書きますってことはちょっとしにくいです。だから言葉は悪いですが、現実問題として、人も集まらない 旗振る人もいない、こういう活動なんかやったこともない有象無象が集まってるだけのこの状態で、街頭で署名を集めようとしてもきっととても難しいだろうと予想します

どうしてもやるのなら、その場で書いてもらうのを目的とするよりは、まぁ良かったら書いてってくらいの気持ちで望んだ方がよいかと思います。

でもほんと、自分ならむしろ一度とにかくサイト見てくれ、そして納得した上でよかったら参加してくれと言いますね。「なんか名前書いちゃったけどあれって大丈夫だったんだろうか」とか後悔されるのもいやですしね。数あつめなきゃいけないのはわかってるけどね。

警察等への許可申請について

要は目的をどこに置くかでしょうね

この問題に関心をもって動いてる人たちと実際に会えるいい機会ということでオフを企画するのであれば、きのうの新宿オフのように軽い感覚でやってしまった方がいいと思います、広く一般の人にも知らしめたいというのであれば、許可もとって大々的に。そしてあわよくば署名まで考えたほうがいいでしょう。

そんな風に思います。

(出展:第453-457発言「海外盤洋楽CD輸入禁止を断固阻止するデモOFFpart2」

公開:2004-04-16 更新:2004-04-16