私はLXからJornadaに移れるのか。

  1. HP-CALCの代替えを探す。
  2. Nifty通信環境を作る

HP-CALCの代替えを探す。

まず、私の必須条件はHP-CALCである。
これに関してFHPPC会議室にて質問させていただいたところ、電卓ソフトに関して次の場所を紹介していただいた。

CEmonster - Calculators
10を超える電卓ソフトが掲載されているサイト。

CoolCalc for Palm-size PC
CoolCalcという電卓ソフトが掲載

Welcome to Landware's Information and Support Site.
LandwareからOmniSolverというのが発売されている。金融電卓としては十分なもののようなのでその手の要求のある人ならこれでよいかも。
英語版Jornada680には搭載されているが日本語版では削除されているとのこと。

というわけで所望の[Solver]電卓を得るという目的は達せられなかった。

なお、Welcome to CEmonsterは海外ソフトではあるが、さながら日本のWindows窓の杜のCE版のごとくいろいろなソフトがあって参考になる。時間をみてじっくりみてみる価値はある。

[追記]他にも紹介があったが同じようなものであった。残念。




通信環境を整える

200LXではKTXと巡回君というマクロでなんなくNiftyの巡回ができた。
もちろん後継機種ならばその程度はできなくてはこまる。結論からいえばPocket WZ Editor 2.0を使えば良いとのこと。
巡回環境のみならず、ファイラーや、INETのメーラーとしても良い出来であるとのこと。また、マクロとTX-Cによる開発環境であるという側面もあるようだ。
WindowsでいえばVer4に相当するが、私は使ったことがない。
私の環境での進化はVer3どまりである(笑)
また、Telnet接続ができるのでメールをPOP3で取得、同時に巡回をすることも可能であるとのご示唆をいただいた。これだけで完結する。


一つ前に戻る