英語教育、破綻させたのは誰だ?

著者:オレ流TSJ

著者名がイマイチで敬遠していたのですが、読んでみると、とても共感出来る本でした。
著者の人は実際の公立高校の英語教師で、いくつかの高校を渡り歩いていた(多分一部の人とは言え力を認められている人なのでしょう)ようです。
ある意味、現在の文科省の教育指導要領に従ってきちんとやっている一人と言うだけ、ともいえます。

その中で“古来のやり方”に固執している人、出来ない人、それを正当化しようとする人達を“批判”している本ということになるでしょうか。

私がいつか書きたかったことが、きちんと現場のリアルな声として書かれているのはとても嬉しいとすら感じます。
続きを読む>>
- | comments (0) | trackbacks (0)

セーラームーン世代の社会論

著者:稲田豊史

2017年で(アニメ)セーラームーン25周年となる。
1992年から始まり、5年間続いた作品であり、比較的希有な存在と言えるでしょう。
この本は、「セーラームーン」を見て育った世代というものを論じているものです。

こういう本は社会学者があまり対象物を知らないで表層的に論じているものが多いのですが、この本はキチンと作品を見ていたことが伝わってきます。
続きを読む>>
- | comments (0) | trackbacks (0)

会社に行きたくないと思ったときに読む本

著者:ビジネス格言研究会
副題:心が軽くなる言葉90

いちおう題名通りの“言葉”も載せられているのだが、あまり心に響かない。
所詮は格言=他人の言葉を引用しているだけなのか、その言葉が不適切なのかは分からないが、今ひとつ。

それはともかくとしても、題名通りの“言葉”は全体の一部だけに過ぎない。
読み放題だからともかく、これを購入したら“がっかり”というレベルではなかろうか。
- | comments (0) | trackbacks (0)