Susie Plug-inによるHP100/200LXのアイコンファイル表示

最終更新日:

Susieについて

takechin氏の作られたフリーのグラフィックブラウザです。 私の私見ではGV(とびた氏作)と人気を2分しています。 GVはそのわかりやすさから人気がありますが、一方の Susieの人気の一つにはPlug-inというしくみによりSusieの作者以外にもSusieの機能拡張が手軽に行える ということがあります。
世の中にはjpegやbmp、gifなどを始めとして定番のグラフィックフォーマットがあり、 大抵のグラフィックビューワーを始めとするツール類で扱えるようになっています。
しかしながら一部のマイナーな機種や草の根ネットなどで極一部で流通しているフォーマットも 世の中には存在します。また、ゲームなどのCGは諸般の事情があり独自のフォーマットで 記録されていることが殆どです。
従来はそれらを見るためには独自のグラフィックビューワーや 変換ソフトが作られてきました。しかしそれは新たなツールや変換の手間といったことが 必要になってきて、下手をするとグラフィックビューワーだらけになるということにも なりかねません。
勿論グラフィックビューワーをいちいち作る手間も大変なものです。
そのような現状を打開する機能がSusieには搭載されています。
Windowsの機能であるDLLのダイナミックロード機能を活用し、他の任意の作ったグラフィック変換 ソフトを組み込むことでSusieの対応グラフィックフォーマットを増やすことができるのです。

もうちょっと詳しい説明を読む
注意!:このリンク先では<戻る>ボタンで戻ってきて下さい。

なにせWindowsプログラム初心者

かねがね興味はあったのですがなかなか難しそうで躊躇していました。
最近ようやくC++BuilderというWindows開発ソフトに馴れてきたので そこで私は一番簡単そうでなおかつ使いそうでしかし誰も作らなさそうな(笑)HP100/200LXに 使われているアイコンフォーマットをSusieで見れるようにしようと思い立ちました。
これはフォーマットはすでに判っているし固定サイズだから楽だろうと。
というわけでとりあえずできたのが上記のプログラムです。
DIBの扱いがいまいち理解しきっていないので24ビット色で表示させていたりと稚拙なこと この上ありませんが、とりあえず表示しているようです(笑)
処理が重いわけはないので進行グラフ表示もしていません。
そういえば配布用のReadMeとかも作っていないなぁ・・・
とりあえずVersion無しのβ・・・いやα版ということにしておこう。

また、他のSPIファイルは30Kバイト程度なのにこれはなぜか100Kバイトもあります。
なんか余分なデバッグ情報とかついているのかなぁ?

動作確認

Susie ver0.45で動作確認を行っています。
旧いバージョンでは読み込めないという報告がありました。(文市さんありがとうございます)
その後、私のところ(会社のデスクトップ)でもでました。「未知のフォーマット・・」といわれているので、 おそらくエラーチェックのところの問題だと思われます。
NT機ですが、新しいのを落としていれ直したら読めるようになってます。
おそらく変にきっちりチェックしてるのでそこでエラーを返してしまっているのかも。

ダウンロードファイルの内容

iflxicn.lzh
|-iflxicn.spi
|-iflxicn.cpp
あ、これをどうやったらいいかわかなんないっていう人はダウンロードしないでくださいね。

開発環境

  • ThinkPad600-41J/Windows95OSR2 by IBM Corp.
  • C++Builder(1997) by Imprise Corp.

    ダウンロードする(60,008bytes)(注意:まだα版です)

    ひとつ前に戻る
    トップに戻る