Windowsとつきあう法


Windowsというのは不安定だ。
しかし、なんでも使いようであるからちょっとした心がけで少しは良くなるかもしれない。

不安定さはいくつかの原因がある。

私は長いパソコンライフの中から不安定さを回避する手段を経験から学んできた。
パソコンはその自由さゆえに、その代償として不安定さが隣り合わせにいる、そんな歴史だ。
年々、巨大化するソフトウェア、高速化するハードウェアで事態はさらに複雑化しているのも事実だ。
ハードウェアの不安定さが引き金になることもあるが、多くは導入したソフトウェアに起因している。
この観点から整理した話をまとめると以下のようになるだろう。

Microsoftのソフトはなるべく使わない

Office系はプログラムがでかく、メモリを圧迫する。システムに負担をかけるということはシステムが落ちやすくなるということを肝に銘じよう。
まずOffice系はやめること。インストールすらしないのがベスト。
Officeはシステムを大きく書き換えてしまう危険性を秘めている。これはシステムを不安定にする。
そうでなくてもプログラムがでかく、メモリを圧迫する。システムに負担をかけるということはシステムが落ちやすくなるということを肝に銘じよう。
やむをえない場合であっても、ともかく重くなるようなことはしないこと。
データを相互に貼り付けたりとかそういうことはやらないようにしよう。
やる場合には覚悟を持って作業を始め、落ちても、あぁ、落ちたなと冷静に捉えられるようにしよう。
基準としてはHDDががらがらと動き出したら(いわゆる仮想メモリが発動したら)危険信号。
NT系になればわりと安全だが、9x系(Me)ならば危険信号を素直に受けるべきであろう。

OutlookやIEも極力使わない。そのソフト自身の不安定さもある。
既にほかのコラムで言及しているが、セキュリティーホールは埋める(パッチを当てる)ことは使う以上は最低限必要であることであってそれは十分な行為ではない。
その問題点は発見され対策プログラムが出るまでは危険であることは同じことなのだ。
そもそもこれだけ危険度がとりざたされているのにどんな理由があろうと使いつづけるほうが神経がおかしいことを肝に銘じておくべきだろう。
使わなければその危険性から無縁でいられる、そのほうがはるかに良いということをもっと認識しよう。
このことはOutlookとかに限った話ではないことであっていつまでも致命的なバグが収まらないソフトは基本的な設計に問題がある場合が多いので使わない、つまり避けて通るのが賢明であろう。
そのことはシステムに重大な影響を与えていても無頓着であったり不安定であってもなんら不思議なことではない。

つねにWindowsを再インストールをすることを念頭におく。

最近はDtoD機能やリカバリーCDなどで再インストールが実に簡単になった。
システムがおかしくなりだしたらすぐに再インストール。これが基本であると考えよう。
おかしくなったシステムの復旧はマイクロソフトの技術者だって誰もできない芸当といわれている。
つまり治療できない、悪化していくばかりなのだ。
一度システムが落ちだすと頻発しだすものだ。システムがおちるとかのレジストリが不整合をおこしたりファイルシステムの不整合をおこしたり重要なシステム関連のファイルが破損したりとどんどんと悪循環を連鎖的に起こしていく。
自分の作る大切なファイルが壊される前にくいとめるという気持ちでいよう。

再インストールのときは復旧は選ばずに全部消去しての作業を選ぼう。復旧で治ったためしはないし場合によってはさらにひどくなったことさえもある。
ということは再インストールで消去されるドライブにはデータを置くのは避けたほうが楽だ。
日頃からインストールしたソフトを整理してどこかに置いておくことも重要だろう。
オンラインから落とした場合はその場所かインストールファイルを、市販ソフトやハードウェア添付ソフトなどならFDやCDを大事に取ってまとめた場所においておくのも基本であろう。
再インストール前には外部メディアを接続してそこに移動させておいたほうが安全だろうか。
MOやDVD-RAMなどもあるが高価だし遅いし色々と面倒なのでUSBのHDDが適当だろう。
IEEE1394がついていれば断然速いのでちょっとくらい高くてもこちらを選ぼう。
別に何世代もバックアップをとる必要もないのだからリムーバブルである必然は何もない。

ソフトウェアの導入の危険度を認識する

これはインストール(導入)に伴うリスクを意識するということだ。
危険度の高いソフトウェアからその特徴を列記していくので意識して使うようにしよう。

システムの再起動を要求するもの

システムを大きく書き換えている可能性が非常に高い。
ハードウェアのドライバのインストールやシステムを拡張すると明示していないのにこのような要求をするプログラムは要注意と考えて避けたほうが良い。
避けられない場合は再インストールのときに真っ先にインストールをするようにしよう。
ハードウェアのドライブ組み込みなどもできればほかのアプリケーションを導入する前に済ませておいたほうが安全だと考えたほうが良い。

InstallShieldを使用するもの

これもシステムを書き換えている可能性が高いので危険度は高い。
みているとSystemフォルダなどWindowsのフォルダにプログラムをコピーしているのが見えるだろう。
これはほかのプログラムを動作不全に陥らせたりする可能性を示唆している。
このタイプのプログラムは非常に多いため避けるというのは難しいのだが基本的に危険であることを認識しておこう。
アンインストールのときにDLLを消してよいか、と聞いてくるものはさらに危険度が高いものと考えよう。
このときはなるべく消さないでおいたほうが他への影響は少ないかもしれない。

その中でもお試しプログラム(β版)などは危険度が高い。ソフト自体やインストーラの不具合が残っていることが多く(だからお試しだったりβなのだが)試した後、消去してもちゃんと元に戻っていないことも多い。
あまつさえアンインストールに失敗するものさえ見かけるほどだ。
システムの安定を考えたら安易に導入したりしないようにしよう。

レジストリを書き換えるもの

上記2つのものはほぼこの要素も入っている。
レジストリについては基本的にサイズが大きくなるとシステムが不安定になる傾向がある。
すくなくともシステムが起動する時間が遅くなる大きな要因の一つだ。
アンインストールしてもちゃんと消去しないものが多く困ったものである。
書き換え即、悪ではないがシステムの安定度という観点ではあまり感心しない。

フォルダごとコピーすれば動作するもの

配布形式としては単にフォルダの圧縮した状態でのものでその中のプログラムを動作させれば良いというもの。
これが一番安全である。
常駐するタイプでないかぎりはお互いの干渉は皆無であるしシステムに与える影響もない。

とはいえ、目安程度にすれば

以上、インストール形態から危険度を分けてみた。

あくまで私の経験から導き出したものであって反論を感じるところもあるだろう。
特にInstallShieldをつかわないソフトなんてないじゃないかと思う人がいても不思議ではない。
しかし私はInstallShieldを使っているソフトと使っていないソフトではむしろ使っていないほうが多いくらいだ。
よく常時使うプログラムは後者のほうが圧倒的に多いくらいだ。
前者はハードウェアドライバもしくはそれの添付アプリケーションがほとんどで回避不能なものばかりだ。
そのおかげかシステム的なトラブルは皆無である。Windows2000というおかげもあるが。
全部を守っていてはせっかくの自由で楽しいPCの世界を狭めることにもなるからそのあたりのバランスは各個人が好き好きにすればよいというのはいうまでもないことである。
まぁ、目安というか心構えみたいなものと考えて頭の片隅においておけばなんかよいかもしれないだろう、でいいと思う。

コラム一覧に戻る
トップページに戻る