Windows Server 2003の発表に思うこと



Linuxは安いのは神話という言い方

神話というのも言葉を間違えているように思うが、TCOを考えると確かになんでもLinexというのは間違っているだろう。
現実としてWindowsに慣れている人も多いだろうしGUIによる設定のしやすさなども現実にはあるだろう。

初期投資

OSの販売単体で考えればLinuxのほうがずっと安いのはいうまでもない。どこのディストリビューションを購入しても、だ。
サーバー本体のみならずいくつかそれにぶらさがる場合もあろうが、1ライセンスあたりの価格差は論議する以前の問題である。
場合によってはftp版でとか使い分けられるのも大きいだろう。

OSで仕事をするわけではない

OS単体の話はITシステムを論議する一端にすぎない。
そもそもOSは裏方なのであって、問題はその上でなにをするか、なのである。
野球で言えば野球場そのものにすぎず、問題はそのうえでプレーをする選手たちのほうが主人公である。
だからMicrosoftは.NETというコンセプトをことさら強調したりしているわけである。
単純に値段、価格で言ってもOSの値段よりもその上で動作するアプリケーションや動作できるサービスの方がはるかに高額である。というかOSの値段なんて誤差程度でなければむしろおかしい。

セキュリティについて

LinuxとWindowsのどちらがセキュアか、といえば私の印象で言えばどちらも同程度である。
そもそもOSの問題そのものに由来するセキュリティ問題というのは両者ともほとんど起きていない。
Windowsで問題となっているとされているものは、OSのパッチとしてあがったりするものの、ほぼ100%がアプリケーションの問題といえるだろう。
いわゆるウィルスとして大問題として騒がせているのは、ほぼIEもしくはOEの問題に由来するものである。
これらがWindowsと切り離してあれば、Windowsがセキュアではない、というOSにとってみればいわれのない非難を受けずに済んでいたかもしれないのである。
正味、Linuxで発見されたセキュリティーホールも、Windowsでのそれもほとんど取るに足らない数でしかない。

Windowsの問題とは

まず24時間運用に耐えられないことである。

実に不思議であるが、長時間使用しているとなにか不安定で再起動をかけざるを得なくなる。
昔というかWindows95でofficeを使う場合は昼休み(と残業する場合には夕休み)に再起動をかけるのが習慣化していた。
そうしないとしばしばハングアップしてファイルを失うからである。
現在ではそれよりもましになったが、Webサーバーとして運用していて半月も立つと不安定やなにか動作が緩慢になっている。
メモリリークがその一因のようで、アプリ側の問題もあろうが、どんどん使用可能メモリが減って行く。
これではとてもじゃないが使いものにならないだろう。

パッチの信頼性の低さ

パッチを当てると動作不全を引き起こす、という愚を何度も起こしている。これが問題である。
最近はロールバックとかで元に戻せるらしいが、ちゃんと戻ってくれないという話もよく聞く。
動かなくなるかもしれない、となるとパッチを当てるのを躊躇うのは普通の感覚である。
だからWindowsはパッチをだせても適用できず、信頼性が低い、ということになる。
こういう場合、パッチをあてないのが問題ではなく、現実としてあてられない、というケースがあることを無視したり、非難しては問題の本質がみえてこない。

アプリケーションとの癒着

さらにパッチをあてられなくて被害が広がってしまう原因はこれに起因する。
アプリケーションの問題でセキュリティーホールが見つかった場合の対応のひとつとして、それを取り除くというのが根本的解決策となる。
もしくは初期導入で不要なものは導入しない、不要なサービスは動作させない、のが基本であろう。
しかしWindowsでは取り除けなくしているという愚を犯している。
直すつもりがさらさらないどころか悪化させる方向に進めようとしている。
それを悪と考えていない基本体質のほうが大問題かもしれない。

仕方がないのでそのパッチをあてるとOS自体が動作不良に陥るという事例が過去に何度もある。
こうなるともうやるせないとしかいえないだろう。

なぜか動作が遅い

気のせいかもしれないが、Webサービスなどでなにか反応が悪かったりインタフェースをはじめ使い勝手の悪いものの実態を聞くと実はWindowsのシステムであった、という例が非常に多い。
どうもつまらない制約がいろいろあってそれで担当者が嫌気がさして作り込みにまで至らずに終結した、という背景がみえてくるのは気のせいだろうか。
もちろんまともなシステムもあるようなので一概にシステムが悪いとは言わないがどうもちゃんと作るには敷居が高い気がする。
例を挙げればFrontPageであろうか。何度か試して使ったことはあるが、吐き出すHTMLがあまりに稚拙で汚らしく長いので閉口してすぐに使わなくなってしまった。
あんなものをそのまま使ったら相手や自分に無用な負荷をかけてしまうのは明確なのだが、ああいうレベルで推して図るべしであれば遅いのも当然の帰結なのかもしれない。


トップページに戻る