シート

SheetsオブジェクトとSheetオブジェクト
Sheetオブジェクトとはある特定のシートと結びついているオブジェクトと言える。
つまりSheetオブジェクトのプロパティをいじったり読んだり、メソッドを実行したりすればその特定シートが変化するということだ。
Sheetsオブジェクトというのはシートの集合のことで上位概念と言える。

例を挙げよう。Sheet1という名前のSheetオブジェクトは
Sheets("Sheet1")
と表現する。
このシートを選択するならSheets("Sheet1").Selectと書けば良い。

Sheetsオブジェクトはあまり使いそうなものはないがAddメソッドは使うかもしれない。
新しいシートを追加するメソッドで、Sheets.Add みたいな感じになる。

Sheetsの引数を複数要素にすることも可能で
Sheets(Array("Sheet1", "Sheet2")).Select
とすればSheet1とSheet2を同時に選択状態に設定できる。

なお、Worksheetsという表現もあるがSheetsがそれを完全に包含しているので不要だろう。
なぜ両方あるかと言えば、シートには2つあるからである。
ワークシート(セルのあるシート)はご存じと思うが、グラフ専用のシートというものもある。
前者にはWorksheetsオブジェクトが対応し、後者にはChartsオブジェクトが対応している。
そして両者に対応しているのがSheetsオブジェクトとする体系になっている。

わざわざ分けている理由はよく分からないが、殆どの場合は単純にSheetsオブジェクトということで片がつくだろう。
ワークシートしか扱わないのであればWorksheets("Sheet1")のような記述でも構わない。
comments (3)

コメント

vaniadukeman.wordpress.com | 2017/07/31 04:10 PM
There is certainly a great deal to find out about this topic.

I really like all the points you made.
How long will it take for my Achilles tendon to heal? | 2017/07/29 05:49 AM
I am really grateful to the holder of this web page who has shared this enormous article at here.
read home page | 2017/07/19 05:25 AM
I've been surfing on-line more than three hours these days, yet I by no means found any interesting article like yours. It's pretty value sufficient for me. Personally, if all webmasters and bloggers made just right content material as you did, the web will be a lot more helpful than ever before.

Comment Form