変数名

文字は半角英文字か全角文字
記号は“_”(アンダースコア)のみ。
数字とは0から9の半角数字文字
変数名は文字から始まり、文字か数字か記号で構成される255文字(半角相当)以内の文字列。

半角英文字は大文字も小文字も使えるが、その区別はない。
区別が無いというのは説明がしづらいので実例を示しながら説明をして行きます。

まず、VBAの開発環境はエディタも含むいわゆる統合開発環境です。
例えばこのようなプログラムをエディタに打ち込んでいきます。
dim CurrentString as string
試しにこのように変数を入力(宣言)します。続けて
currentstring = "Hello"
のようにあえて全部小文字で入力してみます。
すると
Dim CurrentString As String
CurrentString = "Hello"
このように自動的にエディタが先に入力したものに合わせてくれます。
もしミスタイプしてしまうと
Dim CurrentString As String
curentstring = "Hello"
となり、気づきやすくなります。
このような機能に大文字小文字の区別を利用するので、変数としては大文字のものと小文字のものを違うものとして扱うことが出来ない、ということです。

ここで、dim、as、stringも頭文字が大文字であることにも注目してください。
いわゆる予約語は頭文字が大文字であるというのがVBAの作法のようです。
普段はあえて小文字で入力し、この機能を利用して予約語のタイプミスも防ぐと良いでしょう。
(厳密には、予約語の中で複数の単語が結合したものは各単語の頭文字が大文字になっています)

補足すると、VBAのエディタは一行入力する毎に解釈をして適切に入力を補正してくれます。
適切に空白文字を調整したり、構文としてエラーがあったりするとその時点で指摘をします。
ハッキリ言ってお節介レベルなのでイラッとすることもありますが、上手く付き合えば便利なものだと考えましょう。
-