セルの名前で参照

VBA以前の話でExcelではセルに“名前”をつけることができる。
例えば「ファイル名」という名前をつければ、そのセルを参照する場合、

a = Range(“ファイル名”)

と言うように書くことができる。

名前の定義が面倒臭いが、これによってプログラムの可読性やメンテナンス性が高くなる。
セルを移動させた婆、シート上の参照はそれに追従して書き換えてくれるのであまりメリットを感じないが、VBAプログラムで参照した場合は追従してくれるわけはない。
しかし名前で参照しておけば、セルを移動されても名前はくっついていくので問題ない。

-