代入

代入は多くの言語と同じく
変数名1 = 変数名2
のように書く。
ただし、変数がオブジェクト型の場合は
Set 変数名1 = 変数名2
オブジェクト型とは、Excelで扱うRange型なども含む。
古来の言語では通常の変数でも
let 変数名1 = 変数名2
のように書いていたが、それを思い出させる言語仕様となっている。
ちなみにVBAにおいて
Let 変数名1 = 変数名2
と書いても問題なく動作する。

現代の言語ではそもそもスカラーもオブジェクトのひとつと考えてしまうのが普通で、これを区別することはダサいという風潮なので、オブジェクトだからといって代入程度で"set"をつけるような言語仕様は稀である。

なお、Setを忘れると「オブジェクト変数またはWithブロック変数が設定されていません」というエラーが発生する。
このエラーメッセージからオブジェクトの代入においてSetを忘れた、とは結びつかないのだがこうなるのだから仕方ない。
-